Valencia1094

PCゲームを中心に気になったニュースをピックアップしていく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そろそろさくっとまとめときましょうかね。

最近は少しずつ、前はどうしても勝てなかった常連の人にも勝てたりできるようにはなってきました。
それでもまだまだ負け越しまくりですが。
コンボはもう自然と手が動くレベルになったので、ようやく立ち回りとかに脳処理のリソースを割けます。

勝率は正直今月だけでも3割切ってるかもしれませんね。
場所と時間帯によっては4連勝くらいはいけるんですが、夕方ごろだとガチな人たちが多いのでフルラウンド勝負が多く、酷いと3タテされてしまいます。

対戦場所は全部千葉県内。
学校が休みなので最近は都内にまで行ってません。
改行は場所移動を表す。


関係ないけど、この前ゲーセン行った時、何故か過疎ってたので仕方無しにCPU相手にコンボ練習してたんですが、最後のν戦あたりで何故か人が何人かプレイを見てくる。
その店は観戦用モニターがあって、見やすいようになってんですが、これが凄く緊張する。
勿論対人戦の時も見る人はいるんですが、なんだってCPU戦の時に見てくるんだろうと、対人戦の時以上に緊張。
迂闊にカッコ悪いことはできない。

んで、いつもアーケードモードの締めくくりはクラウニッシュカレンデュラで決めてるわけですが、未熟なんでたまーに失敗するんですよ。
この状況で失敗したらすっごい恥ずかしいだろうなぁ、と思いながら必死だった。
まあ何とか成功したわけですが、自分は小心だなぁと痛感した。
大会とか出てる人は凄いな、メンタル的に。
自分がまさか事故に遭うとは思ってませんでしたが、昨日自転車に乗っていて、車と出会い頭に衝突してしまった。
凄い衝撃受けたかと思うと、4、5mくらい飛ばされて、気づいたら地面に寝てた。
しばらく朦朧としてましたが、右額から血が出てたり、車のフロントガラスにヒビがばーっと入ってるの見て、ようやく現状理解したり。
本当に靴とかも全部脱げるんですね。
当然、眼鏡も自転車も吹っ飛んでました。(どちらも壊れた。)

ドライバーの方が良い人だったので、すぐに通報してもらい、病院に搬送されて検査やら治療を受けましたが。
幸い、左肩骨折、他色々打撲してたり捻挫してたり程度で済みました。
ただ、日常生活を送る上で、かなり不便ですが。
左腕は完全に上がりませんし、右手首も痛めた上に、右足も痛めたみたいで上手く歩けませんしね。
他の部分はまあ我慢できる範囲。
相手の方には怪我無し。

見通しの悪い十字路だったので、私の不注意もあったわけですが、今後は自転車で路地とか通る時は、もっと深く注意を払わないといけませんね。
皆さんも交通事故だけは気をつけてくださいね。
今回のことは大きな教訓になりましたよ。



※6日追記
暖かいコメントありがとうございます。
ご心配を掛けてすみません。

酷い重傷と言うわけではないので、意外と元気ではありますよ。
痛み止めを飲んでいれば、鎖骨が折れてる左腕以外は割と自由に動けます。
左腕自体も肩さえ動かさなければ、手首とか肘は自由ですし。(変なベストみたいなので固定してないと厳しいですが。)
出歩いたりするのは流石に少しきついですが、PC操作したり、本読んだり、ゲームやったりする程度の、肘から先だけ動かせればいい作業なら余裕で出来ます。

ブレイブルーやりにいったり、ETWを買いに秋葉原に行ったり出来ないのが辛いですけどね。
まあ眼鏡も壊れてるので、新しいのが出来るまでは大人しくしてます。
裸眼状態だとまた事故に遭いそうなので。
相変わらず酷い戦績。
けれども、2月上旬は対戦で1ラウンドさえ取れなかったのが、大抵1ラウンド程度なら取れるほどには成長しているんです。
相変わらずレイチェルの動かし方がよう分からんのですが、最近はガードして反撃をうかがうだけでなく、カボチャを積極的に動かすようにしました。

今までは単純に地上からカボチャを出してましたが、これだと大抵飛ばしてもガードされてしまうし、地上だとかなり遠距離でないと出す際に隙を突かれて攻撃されてしまう。
なので、開幕後、後ろジャンプなりなんなりで下がった後出すようにした。
これだとほぼ安全に出せる。
上空にカボチャを出すのはあまり良くないと言われているものの、場合によりけりだと思う。

後は単純に相手の隙を見て飛ばして崩すといった感じ。
当然ながら、ガードするとカボチャは消えてしまうので、割り込みには使えないわけだけど、攻勢を掛けようとしてくる相手には使えるわけで。
まあそれでも機を測り損ねてガードされてしまうというパターンがほとんどだけど、積極的にカボチャ使飛ばしたほうが良いね、やっぱり。

その分、最近ガード後の割り込みを忘れがちなので、そこらへんと併せて意識していきたい。
001.jpg

当ブログでもずっと追ってきたEmpireTotalWarのDEMOがSteamにて遂にリリースされました。
これはブレイブルーどころではないとばかりに、早速私もダウンロードしてプレイ。

このDEMOでは、歴史上の戦いの陸戦と海戦をプレイすることが出来ます。
海戦は今作の目玉であり、当然アピールポイントでしょうから、DEMOに登場するのは大体予想できてましたが、やはりこれは嬉しい。

今回はとりあえず陸戦をプレイアブルな流れで紹介。

グラフィック設定はHigh、AAは切ってありますのでジャギーは目立つかと思います。
またこれより上位設定のUltraがあるので、これがETWのグラフィックの限界ではありません。

002.jpg
今回、体験できるヒストリカルバトルは、このBattle of Brandywine Creekの英国側。
敵軍は独立軍、今のアメリカ合衆国です。

021.jpg
我が軍の兵力は、まず将軍とその護衛兵の騎兵。
そして歩兵では、近衛兵2個中隊、戦列歩兵2個中隊、ヘッセン戦列歩兵3個中隊、ハイランダー1個中隊、擲弾兵1個小隊、狙撃散兵1個小隊。
騎兵では、ハサー軽騎兵が2個小隊、竜騎兵が1個小隊。
砲兵では、騎兵砲が4門、砲兵要員24名の編成です。

まあ全兵力で1個連隊程度といったところでしょうか。
(このゲームに中隊、小隊という定義はありませんが、私はおおよそ100名程度で中隊、30名程度で小隊と判断しています。)

map.jpg
中々バランスの取れた編成でありますが、地の利は敵にあります。
緑が自軍、赤が敵軍ですが、こちらは敵の戦列が布かれた川を渡渉しなければなりません。
しかし、マップをよく見てみると、敵軍は西の渡渉地点に注視しており、東の渡渉地点はかなり手薄のようです。
ここを突けば勝利できるでしょうか。

興味がある方は続きをどうぞ。
10日くらいから戦績自体は書いてたのですが、どうせ書くならこちらのブログの方に書いたほうが良いかと思ったので、上達するためにも、初心者の視点ながら、気づいた点などつらつらと。
ちなみに、転載するに当たって場所や店名はかなり省いてあります。

ちなみにずっとレイチェルを使用しています。
レイチェルは上級者=最強レベル、中級者=中堅の上、初級者=中堅の下、初心者=弱小レベル、と聞いたことがあります。
初心者にはあまりお勧め出来ないキャラとよく言われてますが、上達がそのまま強さに現れてくるので。
そういった意味で初心者ながらも、自分は姫さまを使う(むしろ使われる)のが面白く感じています。

ちなみに、ここに書いてあることは、始めて間もない格ゲー初心者の戯言ですので、参考にはならないかと思います。
レイチェル使いの先輩や、他のキャラクターを使っている方も、気づいた点などありましたら、アドバイスを下さると嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。