Valencia1094

PCゲームを中心に気になったニュースをピックアップしていく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
[OGC2008#11]「PLAYSTATION Home」日本での展開はどうなる(4gamer)
022.jpg

SecondLifeが注目されると同時に、コンテンツとしては似ていると、こちらも少しずつ注目を受けていたPS3のバーチャルワールドサービスPLAYSTATION Home。
そして鳴り物入りで日本上陸したSecondLifeが盛大にコケると同時に、こちらもまた再び別の意味で注目を浴びているかと思います。
SecondLifeのPS3版だろーってごく単純に考えている人が多いかと思うのですが、実際はかなり方向性が違うもののようです。

 まず,赤川氏は,Homeが最近流行のバーチャルワールドとはまったく違ったものであることを強調した。ほかのワールドとの最も大きな違いは「定住型」ではないことだという。Homeは,ほかのゲームへ接続するためのゲートウェイであり,これを最大の特徴としている。

と述べているように、SecondLifeがネット上の空間で自由に創作し、生活する場であるのと違い、あくまで大前提はゲームへ接続するためのロビーのような存在と言う風に説明しています。
そもそもゴッチャにしてる人はSecondLifeで何が出来るか、ということをあまり知らないと思うのですが、要はHomeはあくまでここでゲームへの参加者を募ったり、仲間内でチャットを楽しむ空間を、視覚的な空間として作り上げたよ、と言うことだと思われます。


各ユーザーはまず自分の分身となるキャラクターを作り(この作成画面がまるでシムズ2のようです)、それから他の多くのプレイヤーが繋いでいる空間に入っていくと。
ネットというのはお互いに顔が見えませんし、実際に会えなくとも、まずゲームをする前にこういったネット空間で「顔を会わす」ことによって一層のコミュニケーションの活性化を促すといったことでしょうか。

そういったこともあるからなのか、街並みや人物はかなり現実に沿ったものになっています。
とにかくHomeはあくまでコミュニティーのためのコミュニティーみたいな設計だな、と思いました。
その点はまさに「ロビー」そのものですよね。


こういったものに加え、ビジネス的な展開としては、例えばHome内で企業が広告を出すとか、各種ゲームがラウンジを作る、アバターアイテムの販売などがあるようです。
あくまで主導したり用意するのは企業側であって、ユーザーが様々なコンテンツを形成するSecondLifeとはそこらへんも違いますね。
まあSecondLifeもSecondLifeで企業ばかりが先走ってしまった結果になってますが。


またPCなどへの展開についても質問されたようですが、現時点では構想はある程度のものとのこと。
正直なところ、現状単なるロビーがPCにまで展開する必要があるのかというのは疑問ですからね。

これはPS3にも言える事であって、あくまで目指すのがロビーならここまで大げさなものにすることはないのでは、というのは感じます。
4gamerも記事でそういった見解を示していますが、まだ日本ではサービス開始すらしていないこともあり、実際に日本で出てみないと各ユーザーがこの壮大なロビーに対してどのような評価を下すか、というのは分かりませんね。

私はPS3を持っていないので、どちらにしろ関係の無いことではあるのですが、こういった新しいコミュニティサービスは中々興味深いのでサービス開始を一応楽しみにしています。
沢山のご意見ありがとうございました。
CIV4の方向で落ち着きそうです。まあまだ微妙にぐらついてるんですが。
同時にやってもいいわけですしね。
HL2も素晴らしいFPSですのでそちらもいつかやりたいです。

動画の方はポチポチ作っています。
皇子でやるか国王でやるか迷っています。
BtSまだやったことないんで、普段は国王でも久々なのに加えてルール把握してないからナァ。

ゴローちゃんがお得意先からCIV4を薦められてやってみるって話なんだけど、無理あるナァ。
つーか痛い動画になったらオシマイだよナァ。
正直そろそろこの編集ソフトでは限界が見えてきました。
あくまでホームムービー用なのですね。
やりたいことに対して機能少なすぎる・・・工夫してアレコレやってますが・・・無理無理。
ビデオスタジオにすればよかった。
オブジェクトのムーブも本来位置調整に使う機能で無理矢理やってるんです。


AOE3 TAD Patch 1.01 - Balance
AOEはTAD出てからだいぶ空けてたんですが、まだパッチ出てなかったのかよ、といった感じ。
ようやく1.01が出るそうです。

内容はスペイン、オランダ、スー、中国あたりの弱体化と、ドイツ、ロシア、日本、ポルトガルの強化が目立つ感じか。
ドイツと日本はそれなりに強くなりそうですね。
軽歩からの攻撃補正として軽騎が弱くなるので、相対的に重騎の位置づけが上がり、少し使いやすくなりそうです。


騎兵好きな自分としては今度はドイツあたりが良いのかなと思っています。
移動速度が高くなるのは何より大きいですし、農民へのマイナスボーナスが消えたのも嬉しいところ。まあHPは相変わらず虚弱くんですが。
地味にワゴン農民の作業速度も強化されてるのかなこれは。15%から20%へうp。
たった5%ですが・・・今までも完成すると恐ろしいものがあったので、ひとたび完成すれば内政は凶悪になりそうです。

クソルガン砲と並んで、カスドールカスドールと主にネタにしていたポルトガルのカサドールも、HPを上げ、発射レートを早くし、攻撃力を下げ、強化スカミ的な位置づけにされるようです。
これならオーバーキルも減りますし、あまりにも虚弱すぎたHPも何とかなったので使いやすくなったと思います。
でもポルトガルには永遠にネタ文明として殉じて欲しいネ。

逆に今までメインとして使ってきたスーですが、流石に強すぎたのか弱体化された模様。
初期資源から木材の撤廃。
ラコタの移動速度ダウン、軽騎に対するマイナスボーナス。
加えてワキナのコストアップ、金30から40へ。
それでもまだ割安感はありますが、ワキナ濁の展開になるとコスト10のうpは重いでしょう。
あとWCの速度20%うp効果も15%に変更されました。これもでかいです。
速度って結構大事ですから。

中国も同様に弟子とハンドモーターが強すぎたので弱体化。
アレハオカシカッタヨマジデ。

オランダは初期農民削られた代わりに金箱100、銀行のXP半減、これはでかい。
XPが大きく、ひとたび銀行を立てられると、立て続けにカードを切られるのも、かなり強みになっていたと思うのです。
軍の再編も効果が矛槍の攻撃力低下とマイナーボーナス付きになるますが、これは今更感アリ。


全体的な修正はTC(町の中心)が船へのボーナスに0.75倍のマイナスボーナス。
馬へのボーナス1.5倍が取り消され1倍(標準)に。
これはでかいです。
今までフルTCから騎兵には遠隔防御抜きで90のダメージが入ってました。
これは時間換算すると一人の長槍兵がずっと馬をツンツンしてるのと変わりません。(槍は1.5秒で1攻撃、TCは3秒射撃ですからね)
しかしこれによって60に。
これは地味にでかいです。
序盤かなり荒らしやすくなりますし、荒らし騎兵の生還率が高まります。
ターゲットが外れた後再度荒らしに来た場合、プレイヤーが指示しない限り、TCが自動的に再び半端に負傷した騎兵から狙ってくれるわけではないのでね・・・
HP1だろうと何だろうと、カツカツした序盤で生還は重要なんです。

またクロスボウのダメージが18から16へ、代わりに重歩に対するボーナス1.25倍追加。
セミ軽歩の位置づけになったようです。
重歩に対する攻撃力は今までより上昇、しかし他の軽歩兵に対してはやや不利に。

スパイや教会、野戦病院も手を加えられたようですが、まあ使わんなと。
教会はわからんけどすぐに建てるものではないし。


他にも色々てこ入れされたみたいですが、興味あるのはここらへんですかね。
まあ騎兵使えりゃなんでもいいってのが本音です。
TAD1.0は騎兵がウンコッコと聞いたので萎えてましたが、これならまた騎兵も少し活躍できる展開になってくるかなと。


個人的にはAOE3の解説動画も作りたいとは考えてるんです。本筋とは別にね。
なにぶん、興味があっても具体的にAOEってのがどういうものか知らずに、踏み込めてない人が多いですから。
ルールそのものはすごくシンプルなんですけど。敵を滅ぼすだけですから。
その目標を達成するために、沢山の選択肢があるだけで、将棋を複雑化したようなゲームですからね。
なんだかんだで良いゲームです。

現在もニコニコ動画でAJCからのAOE3実況動画を頑張って上げまくってる人が一人いるんで、まあ援護的になんか出来たらとも考えてるんですがね。
今は実況動画見てても何やってるんだが全く分からない人でも、ルールさえ分かれば、各上級プレイヤーの行動の意図が見えて、思わず舌を巻くようなかなり面白い物に見えてくるかと思います。
というか、その人自体、相当上位の腕前なので自プレイ動画も見せて欲しいものです。
この前の記事で上げた古いプレイ動画時点の腕前の私がハムスターとしたら、多分彼は100メートルを超すダイオウイカをも凌ぐでしょう。
現在の私じゃ比べようがないですね。

まあ兎にも角にもパッチが来てからの話ですが。
早く来て欲しい。

腕は完全になまり切りましたけどね。ヘタすりゃAIにすら殺されそう。
[OGC2008#03]「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」のひろゆき氏が語る,ゲーム・コミュニティ・文化(4gamer)
タイムリーかつ、とても面白そうな記事。
かなり長い記事になっており、4gamer側も中々深いところまで突っ込んでいます。
前半はゲームの話題も交えながら、後半はニコニコ動画、2ちゃんねるに関するコミュニティ観や、著作権に対する考え方まで。


読み終わって思ったのは、やはりこの人は「運が良かっただけ」とか「当時ブログ開設程度の行動力で大成功しただけ」とかあちこちで言われてる、単なるそういう人ではないのだな、ということ。
それぞれの論点については人それぞれ賛否両論があるのは当然なのですが、ズバズバ来る質問に終始一貫してスタンスを変えずに、しっかりとした回答を用意し、独自のコミュニティ観の上で2ちゃんねる、ニコニコ動画を作ったというのがはっきり分かります。


基本的にひろゆき氏は匿名主義的であるということが言われていますが、「MMOには興味が無い」と話している時に、「情報に興味はあっても人間に興味は無い」と回答しているのが、そのスタンスを示しているかと。
この人はコミュニティサイトにおけるいわゆる「馴れ合い」は回避できない欠点的な存在だと考えており、最初は各人が情報を持ち寄って交換しあうだけの場であっても、その内ハンドルを持った人間(コテハン)が現れ、自分の私生活など第三者からしたらどうでも良い情報のやり取り、「馴れ合い」をしたがり、情報共有の場としてのコミュニティは荒廃すると。

つまりそういう私生活的な雑談コミュニティは別途用意されるべきであって、情報共有の場でする必要は無いと言うことなんでしょう。
そのため、ロビーからラウンジ、ラウンジからニュー速、ニュー速からニュー速VIPと雑談を定着させないため次々場所を増やした。
ニュー速VIPもまた最近は雑談が増え、衰退する傾向にあると話しています。

こういったコミュニティ観が後半のニコニコ動画の話が出る時にも色濃く出ている印象です。
ニコニコ動画に関する話は非常に長く複雑なのでこちらで掻い摘んで書いていくのが難しいのですが、大変面白い内容となっているので是非見てみてください。
著作権に関して突っ込んだ話もあり、当人からすれば違法コンテンツは必要ない、むしろ邪魔であり、例え違法コンテンツが消えたとしても、ユーザー数はさほど変わらないと答えています。


記事の重要な主旨から離れ、どうでもいい話ではあるのですが、ひろゆき氏はゲーム好きということでも知られています。
AOE3やCIV4などもプレイしており、AOE3のスレッドには昔書き込みがあったということからも、そういった情報交換の場を覗いているほど興味はあるのだ、ということが伺えます。

そんなゲーム好きひろゆき氏に対し、「最近ニコニコ動画でCIV4の動画がヒットしてゲームそのものも売れたんですよ。ニコニコ動画でセールスが伸びたのでは」、ということを4gamerが尋ねています。
そのニコニコ動画がセールスに貢献するという質問に対して特に答えては無いのですが、(ニコニコ動画で大きく盛り上がっている)アイドルマスターはゲームとして好きではないと答えています。

その後PCのオンラインゲームは面白くない物が多い、という回答をしているのですが、これは後に出てくるコミュニティ観の相違ということと、前述のゲームとしての面白さに関して言及していると感じます。
つまりこの人は純粋にゲームとして面白いかどうかしか見てない人なんです。
MMOはチャットなどの人と付き合う要素が強いんですが、「こんにちは」などと赤の他人と雑談チャットしても面白くは無い、と言う風に答えています。
Second Lifeに至ってもそういった本質は変わらない、面白くない、と。

そしてRTSは忙しくひたすら処理していくものが好きだ、という話も出てくるのですが、前述の事柄が頭に入っていると、ああ、そうだよな、と無性に納得してしまう。
基本的に1v1のh2h対戦はやらずに、2v2や人間vCOMをやっているそうで、それはそこに不確定要素が絡んできて、それをどう処理するか、という問題がでてくるからだそうです。

そしてレベルアップ要素のある「お使いゲー」に関しても、作業感があるものはもう飽きた、と言う風に話しています。

まあ色んな話がとにかく出てきましたが、この人のゲーム感は味気ないようで実に純粋だと思います。
とにかく「ゲームに不要な部分は要らない」、という考え方なんでしょう。



最後に更に脱線した話になりますが、トロピコやタイクーン系のゲームもそれなりにプレイしており、どれもそれなりに好きだということです。
シムシティのようにバランスの最適化をするのが面白く、それが中庸でなければ無いほど面白いと言う風に話していることからも、経営SIMは意外と相性が良いのかもしれませんね。
しかしこういった記事でストロングホールドとかいう単語が飛び出してきたのは驚いたなぁ、やったことないみたいですが。

色んな場所で色んなことを言われているひろゆき氏ですが、個人的には先進的な考え方を持つ、面白い人だと思いますね。
数年振りに歯医者に行った。
そこの歯科医はとても親切な方で、特に気後れもせずに行けるのでありがたい。
しかし今の歯医者って空いてるんだなぁ。
電話した当日にいきなり予約できたし、待合室もガラガラだった。


ローエンドGPUに追いついた?「AMD 780G」チップセットの可能性を探る(4gamer)
前々から微妙に興味があった「AMD 780G」。
それを搭載したM/Bとチップセットそのもののレビューが上がってましたんで拾い。
正直言って自分はにわか知識なんで間違ってそうなこと書いちゃいそうなので細かいことまでは言えんのですが・・・

AMDはCPUにGPUコアを統合したFUSIONプロセッサの青写真を引いて、一層のパフォーマンス向上とコストの低下を画作してたりしてますが、今回はそのAMDからローエンドGPUにも匹敵するグラフィック処理能力を備えたチップセット、乱暴に言っちゃうといわゆるオンボードってやつですが、AMD 780Gがリリースされたようです。コンセプトとしては微妙に似ていると思う。
基本的にM/Bに標準搭載されているオンボードというのは、普通の事務などの作業をやる上では何の問題もないのですが、ゲームや3DCGなど、グラフィック処理能力を求められる作業となると突然役立たずになる存在で、グラフィックカードを別途付けるのが当然でした。
AMDは今回Atiを買収したことにより技術も活かし、従来のチップセットより大幅にパフォーマンスに優れるものを出してきたと。
コレのウリとも言われてるのは、内臓のグラフィック機能のほかに、外付けのグラフィック機能を組み合わせて更に処理能力を向上させるHybrid Crossfireという機能なんですが、従来のCrossfireから見ると擬似Crossfireみたいなもんでしょうか。
2枚GPUを買わずともこのM/Bに付ければ、それっぽい効果が出るみたいです。
この機能に関してはNVIDIAも似たようなこと考えてますね。Hybrid SLIってやつ。

ベンチのグラフの方を見て貰うとわかるんですが、同社のHD 3450やnvdiaの8400GSに一歩及ばずくらいの性能ですね。
780Gの搭載GPUはHD 3200。
一世代前のチップセット、AMD 690Gと比べると歴然の差。


細かい考察などはそちらに書いてあるのですが、個人的にこういった製品で期待しているのは、PCゲームがこれらの製品が売れることによって、より身近に一般的な存在にならないか、と考えているからです。
現状では本当にごくごく一部の製品になるので、一般に売られているようなPCには搭載されることはまずないと思うのですが、これによって、もしAMDがシェアを伸ばすことになれば、危機感を抱いたIntelや他社もチップセットに力を入れるのではないかと。
そうすれば現状、初期投資やGPU選びなどで、初心者には気軽に遊びにくくなっているPCゲーム市場も何とか良い方向に向かっていけるんじゃないかなぁと。
そういった意味でFUSIONにも期待しているんです。
商売下手のAMDなんで一般の人が使っているようなメーカーPCにはまず組み込まれないとは思いますが。Intelに影響を与えられれば良いと思うんです。
ぶっちゃけ夢見すぎですかね・・・


極私的コンシューマゲームセレクション:第29回「オーディンスフィア」(4gamer)
002-1.jpg

本来PCゲーム中心の4gamerで定期的にコンシューマタイトルを紹介するコーナーからオーディンスフィアの紹介が出たのでピックアップ。
このタイトルは戦闘がどうだとか、処理落ちがどうだとか色々言われてましたが、まるで演劇のように進むストーリーと演出が個人的に好きでした。
こういった独特の雰囲気のゲームはやはりコンシューマで多く出るような印象があり、国内メーカーが得意としているところでもありそう。
記事の方ではシステムの方まで解説しているので気になった方はどうぞ。


新連載「EU3 その時歴史は動いた…り,動かなかったり」本日スタート(4gamer)
取り上げるのが遅かったので本日スタートじゃないんですが一応EU3記事なので。
拡張版、ナポレオンの野望も発売され、年代も広がり、歴史イベントも発生するようになったEU3。
この記事は同タイトルの純粋なレビュー記事というわけではなく、AARのようなプレイレビュー。
HoI2のAAR記事と同様な感じで、こういうのは見ていて面白い。
寒い。


Access Accepted第161回:なぜPCゲームは売れなくなったのか?(4gamer)
タイトルが直球過ぎます。
まあ細かいところは記事の方を見て貰うとして、実際の統計から売り上げ低下の要因として、やはり開発側としてはクラック版の横行に苦しんでいるとの事。
家庭用ゲーム機と違って、PCゲームというのは比較的容易にクラックできてしまうので、それがP2Pソフトやら海賊版の流通で蔓延してしまう、ということなんでしょうね。

しかしながら家庭用ゲーム市場で、現行の勢いがある海外ゲームメーカーのほとんどは、数年前PCゲーム市場で技術力を蓄えたメーカーばかりなのがなんとも皮肉。
解決策のひとつとして、現在はゲームPC並の性能まで追いついた家庭用ゲーム機と、PCゲームでマルチリリースするケースが多いですが、R6Vegasのように、家庭用ゲームの最適化で精一杯で、PC用に最適化を怠る事態になると、PCゲーマーにとっても心地よいことではないです。

とにかく記事の最後にもある「PCゲーム市場は死んだのではなく殺されている」というのは上手いこと言ったなぁと感じた次第。


Xbox 360用日本語版「BIOSHOCK」,アンドリュー・ライアンの声が分かるムービーをUp(4gamer)
21日にXBOX360でリリース予定のBIOSHOCKのムービー、といっても吹き替えがどのような雰囲気なのか、伝えるために作られたような、吹き替えシーンが中心のムービー。
今回取り上げたのはAndrew Ryanのものですが、他にもAtlas、Tenenbaumが上がっている模様。
吹き替えの場合、字幕のように文字を読む必要が無いため、FPSだとその分操作しながら指示を聞いたりできるので、没頭できる上に操作も楽になるので良いのですが、正直2K開発側の細かい演技指示まではスパイクに届いていないと思うので、そういったことは少し心配でした。
が、まあ思ったよりは良い感じかな、とは思います。流石はプロ。
それでも、出来れば声優陣にはゲームはやれなくとも、演技の幅を広げる上でも、細かなストーリーは把握して欲しいが、無理でしょうね。


「パンドラ サーガ」,いよいよ16日から一般OBT開始&今後のアップデート内容が明らかに(4gamer)
国産だとか、RAっぽいとか、評判良いんでちょっとやってみようかな、と思って登録、インストールしたんですが、鯖が死んでるようで一向につながらず。
なので記事を取り上げても別段書くことはなかったりする。
しかしこの手の大規模戦争をウリにしてるMMOって、大抵ラグと遅延で戦闘になってなかったりすることが多い・・・
鯖の不安定っぽそうな所から見てそこらへんが心配。
今どき鯖負荷試験なんてクローズβの方でやるでしょうし。


シリーズ3年ぶりの新作。「A列車で行こう8」のスクリーンショット16点を4Gamerに掲載(4gamer)
A列車シリーズの最新作、A列車で行こう8のスクリーンショットだそうです。
このタイトルは既にXBOX360で発売されたA列車で行こうHXだったかがベースのものなのですが、リンク先のサムネで見るとまあまあに見えますが、拡大するとグラフィックの質はわかりづらい。ぶっちゃけ粗い。
というのも、4gamerはグラフィック最低設定で堂々と撮影して掲載したりするので判断が付きづらいんです・・・
ただ、やっぱり立体的に線路を敷設したり街が発展してきた場合、3Dの方が迫力はあると思うので、様子見ながら期待。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。