Valencia1094

PCゲームを中心に気になったニュースをピックアップしていく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
001.jpg

当ブログでもずっと追ってきたEmpireTotalWarのDEMOがSteamにて遂にリリースされました。
これはブレイブルーどころではないとばかりに、早速私もダウンロードしてプレイ。

このDEMOでは、歴史上の戦いの陸戦と海戦をプレイすることが出来ます。
海戦は今作の目玉であり、当然アピールポイントでしょうから、DEMOに登場するのは大体予想できてましたが、やはりこれは嬉しい。

今回はとりあえず陸戦をプレイアブルな流れで紹介。

グラフィック設定はHigh、AAは切ってありますのでジャギーは目立つかと思います。
またこれより上位設定のUltraがあるので、これがETWのグラフィックの限界ではありません。

002.jpg
今回、体験できるヒストリカルバトルは、このBattle of Brandywine Creekの英国側。
敵軍は独立軍、今のアメリカ合衆国です。

021.jpg
我が軍の兵力は、まず将軍とその護衛兵の騎兵。
そして歩兵では、近衛兵2個中隊、戦列歩兵2個中隊、ヘッセン戦列歩兵3個中隊、ハイランダー1個中隊、擲弾兵1個小隊、狙撃散兵1個小隊。
騎兵では、ハサー軽騎兵が2個小隊、竜騎兵が1個小隊。
砲兵では、騎兵砲が4門、砲兵要員24名の編成です。

まあ全兵力で1個連隊程度といったところでしょうか。
(このゲームに中隊、小隊という定義はありませんが、私はおおよそ100名程度で中隊、30名程度で小隊と判断しています。)

map.jpg
中々バランスの取れた編成でありますが、地の利は敵にあります。
緑が自軍、赤が敵軍ですが、こちらは敵の戦列が布かれた川を渡渉しなければなりません。
しかし、マップをよく見てみると、敵軍は西の渡渉地点に注視しており、東の渡渉地点はかなり手薄のようです。
ここを突けば勝利できるでしょうか。

興味がある方は続きをどうぞ。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。