Valencia1094

PCゲームを中心に気になったニュースをピックアップしていく

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
[OGC2008#03]「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」のひろゆき氏が語る,ゲーム・コミュニティ・文化(4gamer)
タイムリーかつ、とても面白そうな記事。
かなり長い記事になっており、4gamer側も中々深いところまで突っ込んでいます。
前半はゲームの話題も交えながら、後半はニコニコ動画、2ちゃんねるに関するコミュニティ観や、著作権に対する考え方まで。


読み終わって思ったのは、やはりこの人は「運が良かっただけ」とか「当時ブログ開設程度の行動力で大成功しただけ」とかあちこちで言われてる、単なるそういう人ではないのだな、ということ。
それぞれの論点については人それぞれ賛否両論があるのは当然なのですが、ズバズバ来る質問に終始一貫してスタンスを変えずに、しっかりとした回答を用意し、独自のコミュニティ観の上で2ちゃんねる、ニコニコ動画を作ったというのがはっきり分かります。


基本的にひろゆき氏は匿名主義的であるということが言われていますが、「MMOには興味が無い」と話している時に、「情報に興味はあっても人間に興味は無い」と回答しているのが、そのスタンスを示しているかと。
この人はコミュニティサイトにおけるいわゆる「馴れ合い」は回避できない欠点的な存在だと考えており、最初は各人が情報を持ち寄って交換しあうだけの場であっても、その内ハンドルを持った人間(コテハン)が現れ、自分の私生活など第三者からしたらどうでも良い情報のやり取り、「馴れ合い」をしたがり、情報共有の場としてのコミュニティは荒廃すると。

つまりそういう私生活的な雑談コミュニティは別途用意されるべきであって、情報共有の場でする必要は無いと言うことなんでしょう。
そのため、ロビーからラウンジ、ラウンジからニュー速、ニュー速からニュー速VIPと雑談を定着させないため次々場所を増やした。
ニュー速VIPもまた最近は雑談が増え、衰退する傾向にあると話しています。

こういったコミュニティ観が後半のニコニコ動画の話が出る時にも色濃く出ている印象です。
ニコニコ動画に関する話は非常に長く複雑なのでこちらで掻い摘んで書いていくのが難しいのですが、大変面白い内容となっているので是非見てみてください。
著作権に関して突っ込んだ話もあり、当人からすれば違法コンテンツは必要ない、むしろ邪魔であり、例え違法コンテンツが消えたとしても、ユーザー数はさほど変わらないと答えています。


記事の重要な主旨から離れ、どうでもいい話ではあるのですが、ひろゆき氏はゲーム好きということでも知られています。
AOE3やCIV4などもプレイしており、AOE3のスレッドには昔書き込みがあったということからも、そういった情報交換の場を覗いているほど興味はあるのだ、ということが伺えます。

そんなゲーム好きひろゆき氏に対し、「最近ニコニコ動画でCIV4の動画がヒットしてゲームそのものも売れたんですよ。ニコニコ動画でセールスが伸びたのでは」、ということを4gamerが尋ねています。
そのニコニコ動画がセールスに貢献するという質問に対して特に答えては無いのですが、(ニコニコ動画で大きく盛り上がっている)アイドルマスターはゲームとして好きではないと答えています。

その後PCのオンラインゲームは面白くない物が多い、という回答をしているのですが、これは後に出てくるコミュニティ観の相違ということと、前述のゲームとしての面白さに関して言及していると感じます。
つまりこの人は純粋にゲームとして面白いかどうかしか見てない人なんです。
MMOはチャットなどの人と付き合う要素が強いんですが、「こんにちは」などと赤の他人と雑談チャットしても面白くは無い、と言う風に答えています。
Second Lifeに至ってもそういった本質は変わらない、面白くない、と。

そしてRTSは忙しくひたすら処理していくものが好きだ、という話も出てくるのですが、前述の事柄が頭に入っていると、ああ、そうだよな、と無性に納得してしまう。
基本的に1v1のh2h対戦はやらずに、2v2や人間vCOMをやっているそうで、それはそこに不確定要素が絡んできて、それをどう処理するか、という問題がでてくるからだそうです。

そしてレベルアップ要素のある「お使いゲー」に関しても、作業感があるものはもう飽きた、と言う風に話しています。

まあ色んな話がとにかく出てきましたが、この人のゲーム感は味気ないようで実に純粋だと思います。
とにかく「ゲームに不要な部分は要らない」、という考え方なんでしょう。



最後に更に脱線した話になりますが、トロピコやタイクーン系のゲームもそれなりにプレイしており、どれもそれなりに好きだということです。
シムシティのようにバランスの最適化をするのが面白く、それが中庸でなければ無いほど面白いと言う風に話していることからも、経営SIMは意外と相性が良いのかもしれませんね。
しかしこういった記事でストロングホールドとかいう単語が飛び出してきたのは驚いたなぁ、やったことないみたいですが。

色んな場所で色んなことを言われているひろゆき氏ですが、個人的には先進的な考え方を持つ、面白い人だと思いますね。
スポンサーサイト
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。